温度校正器(キャリブレーター) TP 3M165E.2|株式会社クローネ

  1. ホーム
  2. > 製品一覧
  3. > 温度校正器
  4. > ジカ社製 温度校正器
  5. > TP 3M165E.2

SIKA 温度キャリブレーター(校正器) TP 3M165E.2 シリーズ

航空宇宙産業に於ける最新計算アルゴリズムを採用した、最も安定した革新的な温度校正器をリリースしました。高精度で幅広い温度域に対応しており、ドライブロック、オイルバスなど多様な校正方法が可能なので各種センサの校正に適しています。また、タッチパネル操作や無線コントロールで校正時間を大幅に短縮することができるのも特長のひとつです。

製品仕様

タイプ TP 3M165E.2
コントロールセンサ 内部 / 外部
ヒステリシス ±0.25℃ / ±0.025℃ (内部 / 外部)
温度範囲 -35...165℃
-25...150℃ (表面温度キャリブレーション)
校正方法 ■オイルバス
 精 度:±0.1℃
 安定性:±0.010℃ / ±0.005℃ (内部 / 外部)
 計測範囲:110...150 mm
■ドライブロック
 精 度:±0.3℃
 安定性:±0.010℃ / ±0.005℃ (内部 / 外部)
 計測範囲:123...163 mm
■赤外線
 精 度:±0.5℃
 安定性:±0.020℃ / ±0.020℃ (内部 / 外部)
 計測範囲:110 mm
■表面温度
 精 度:±1℃
 安定性:±0.150℃ (外部)
 計測範囲:表面温度
インターフェース イーサネット、USB ポート×3
寸 法 幅:210 mm
高さ:380 + 50 mm
奥行き:300 mm
ブロック寸法 直径:Ø 60 mm
深さ:170 mm
重 量 約13 kg
電 源 100...240 VAC、50 / 60 Hz
消費電力 約375 W
ディスプレイ 高照度カラータッチスクリーン ( 7インチ )、マルチパネル安全ガラス、 視野角度120...140°、明度 400 cd / m²、単位 ℃ / °F / K
表示温度範囲 -50...165℃
分解能 0.1 / 0.01 / 0.001 ℃ / °F / K

様々な校正対象のセンサ対応

温度スイッチ / 温度センサ / 温度計 / PTセンサ / 熱電対 / 白金抵抗温度計 / サーミスタ / RTD
表面温度計 / 測温抵抗体 / 放射温度計 / サーマルイメージングカメラ / 熱結像カメラ など

校正対象のセンサに応じて、多様な校正方法が選択できます。

TP 17 166 Sオイルバス (Oil Bath)

オイルバスを使用する事で、様々な形状及びサイズの温度センサーを校正する事が可能です。校正対象のセンサーは空気を介さず校正液に直接接触するため、校正器の温度がダイレクトにに伝わります。


TP 17 166 S赤外線 (Infrared)

特許取得の赤外線校正スリーブを用いる事で、IR高温計や熱結像カメラの校正が可能です。特別な表層構造と非対称の形は、放出指数0.9994の「空洞ラジエーター」を形成し、干渉放射線の反射を防止して、理想的な形で温度を放熱します。


TP 17 166 Sドライブロック (Dry Block)

Dry blockのアダプタースリーブを用いる事で、様々な長さ/径のストレート型温度センサの校正が可能です。アダプタースリーブには使用のセンサに合わせた単一又は複数の孔(φ1.5〜25.5mm / 0.5mm刻み)を加工する事が可能です。


TP 17 166 S表面温度 (Surface)

上表面に温度センサを押し当てる事が可能な特殊スリーブを用いる事で、表面温度計の校正が可能です。標準センサ(オプション)をスリーブの中央位置、表面温度計が接触する位置の真下の位置に取り付ける事で、標準センサー及びスリーブ表面に均一な熱を伝える事が可能です。

検査証明書、検定成績書の発行

TP 17 166 S

全ての機器はDAkkS(ドイツ計量検定所)の検査証明書又は日本国内の検定成績書(JCSS)の取得も可能で、 機器のトレーサビリティーを確立することが出来ます。



ストーリー漫画

「企業魂」でクローネが紹介されました。
TOKYO MXテレビ「企業魂」内にて、弊社製品「高精度デジタル圧力計KDM30」「デジタル微差圧計KSシリーズ」が紹介されました。


ストーリー漫画

「葛飾町工場物語」ストーリー漫画
第8回葛飾ブランド認定製品となった、高精度デジタル圧力計KDM30が「葛飾町工場物語」集ストーリー漫画で紹介されました。


PL保険

弊社取扱い製品には全てPL保険が適用されます。
万が一の事故の際にも責任を持ち対処させて頂きますので、
お客様には安全で安心な製品を導入いただけます。


PDFファイルを表示、印刷するためには「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
お持ちでない場合、下記のリンク先からダウンロードをして下さい。

PDFダウンロード
ページトップ