HACCPとは?危害要因分析・重要管理点の継続的な温度監視・記録に|株式会社クローネ

  1. ホーム
  2. > ニュース

食の安全をどう守るか〜HACCP(ハサップ)危害要因分析・重要管理点とは?

HACCP

HACCP (Hazard Analysis & Critical Control Point / 危害要因分析・重要管理点) は、製造工程における危害要因を分析すると共に、重要となる管理点を明確化し、安全で衛生的な食品を継続的に製造するための管理方法のひとつです。

HACCPによる衛生管理方式は、全ての食品に義務づけている国もあるほど、各所で高く評価され、今や国際基準になっています。日本では平成30年6月13日、厚生労働省より食品衛生法の改正が公布されました。改正された食品衛生法では、原則としてすべての事業者が、食品衛生上の危害発生を防止や重要な工程を管理するため「HACCPに基づく衛生管理の計画」を定めなければならないこととされています。HACCPによる衛生管理の制度化は、公布から2年以内に施行され、さらに1年間の猶予期間が設けられることとなっているため、事前の準備が必要です。

HACCP導入のメリット(例)

・危害要因となりうる製品の出荷を未然に防ぐことができる
・クレームやロス率の低下、品質のばらつきが少なくなる
・衛生管理の記録を残すことで、従業員の経験や勘に頼らない、安定した製品づくりが可能になる
・工程ごとの確認事項が明確化される
・従業員のモチベーションが上がり、現場の状況が把握しやすくなる
・取引先からの評価が上がる

HACCP方式と従来方式との違い

これまでの従来方式では、最終製品の一部を抜き取る管理法「抜取検査」が一般的でした。しかし、これではすべての製品が安全であるか否か確認できません。HACCP方式では原材料の入荷から、製造、出荷までの製造工程の衛生管理を継続的に監視し、記録を残すことで、危害要因となりうる製品全ての出荷を未然に防ぐことができるため、安全性の高い食品を消費者に届けることができるようになります。また、万が一事故がおきても、記録している情報から原因を特定し、迅速で正確な対応をすることが可能になります。

KDM30

HACCPの具体的な取り組み 〜危害要因の対策

HACCPの具体的な取り組みは 7原則12手順(下記参照)を繰り返し行い、少しずつ内容を改善し、向上させ継続的に取り組むことが大切です。食品を衛生的に製造・加工するために、まず製造工程ごとにどのような危害要因(健康に悪影響をもたらす原因になるもの)が潜んでいるか考え、厳重に管理しなければならない項目を見つけ、対策・改善を行います。

[ HACCPの7原則12手順 ](厚生労働省サイト)

■ 温度管理工程の危害要因(例1)
「加熱工程における加熱不足により、オーブンや殺菌槽内に病原微生物の生存の可能性があるため、適切な殺菌温度と殺菌時間を管理し、管理基準(殺菌槽内○○度以上、△△分以上に保つ)を満たしているか把握したい。」

推奨製品:温湿度データロガー(Madgetech社)

TP 17 165 S

MadgeTech社が提供する温度データロガーはセンサタイプにより‐200℃〜600℃の範囲での温度管理や温度モニタリングに適した製品です。計測したデータは無償ソフトで管理できる為、殺菌時間の把握等が可能です。高精度で低価格なものから、超高温対応タイプ、無線出力タイプ等、ご使用用途に対応する幅広いラインナップが特長です。

■ 温度管理工程の危害要因(例2)
「殺菌工程時に使用している、複数台の温度センサが導入してから1年以上経つ。
温度センサの再校正を行い、精度や機能、動作等に問題がある否か確認したい。」

推奨製品:温度校正器(SIKA社)

TP 17 165 S

SIKA社温度キャリブレータは、各種熱電対や白金測温抵抗体などの温度センサや各種温度スイッチをキャリブレーションするために開発された高精度標準温度発生器です。 校正対象のセンサに応じて、ドライブロックやオイルバスなど多様な校正方法を選択可能です。温度範囲は -35℃〜 165℃ までをカバーするモデルをはじめ、様々なモデルにより-55〜1300℃までの幅広い範囲の校正に対応します。


HACCP参考情報

厚生労働省ホームページ(HACCP)



ストーリー漫画

「企業魂」でクローネが紹介されました。
TOKYO MXテレビ「企業魂」内にて、弊社製品「高精度デジタル圧力計KDM30」「デジタル微差圧計KSシリーズ」が紹介されました。


ストーリー漫画

「葛飾町工場物語」ストーリー漫画
第8回葛飾ブランド認定製品となった、高精度デジタル圧力計KDM30が「葛飾町工場物語」集ストーリー漫画で紹介されました。


PL保険

弊社取扱い製品には全てPL保険が適用されます。
万が一の事故の際にも責任を持ち対処させて頂きますので、
お客様には安全で安心な製品を導入いただけます。


PDFファイルを表示、印刷するためには「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
お持ちでない場合、下記のリンク先からダウンロードをして下さい。

PDFダウンロード
ページトップ