データロガーCRYO-TEMPシリーズの輸入販売|株式会社クローネ

KRONE COPORATION

TEL:03-3695-5431お見積り・各種お問い合わせ

低温用 温度データロガーMADGETECH製

CRYO-TEMPシリーズ
超低温対応

超低温用温度ロガーCRYO-TEMPは、赤血球、血漿、ワクチンや医薬品等の冷凍保管やドライアイス詰めでの輸送温度管理のために開発された-86℃の超低温下で連続使用ができる温度データロガーです。CRYO-TEMPは、温度センサーと温度記憶部が一体型のため、データロガー本体を直接-86℃の超低温下に設置して、長期間の温度モニタリングが可能です。記憶容量は、32,767メモリーと膨大で10分間隔の測定では、227日間の温度測定が行えます。また、指定したアラーム温度や警告温度に達すると、赤色と黄色LEDの3秒間隔の点滅で温度がアラーム温度や警告温度になっていることをお知らせします。

アプリケーション

血液・赤血球・ワクチン・医薬品・冷凍した組織等の超低温冷凍保管、ドライアイス入りでの輸送温度管理等

製品仕様
本体使用温度 -86~+35℃
センサ測定温度 -86~+35℃
分解能 0.1℃
測定精度 ±1℃(-80~0℃範囲)
メモリー数 32,767 メモリー
測定間隔 5秒に1回から30分に1 回を任意選択可能
電池寿命 約1 年 (-80℃で1 分間隔測定の場合)
使用電池 3.6V リチウム電池
使用環境湿度 100%RH (保護等級IP65)
サイズ 83 mm x 54 mm x 11 mm
材質 ABS 並びにポリカーボネート
重量 約40 g
定価 85,000 円(校正証明書付き)

ドキュメントDocuments

<< 前のページに戻る